NOTE

【WPプラグイン】記事の閲覧数表示や人気記事ランキングが実装できる「WP-PostViews」の使い方

2021/2/22

2021/3/12

127 view

  【WPプラグイン】記事の閲覧数表示や人気記事ランキングが実装できる「WP-PostViews」の使い方

今回は、プラグイン「WP-PostViews(ワードプレスポストビュー)」の使い方の解説です。
WP-PostViewsを使えば、記事の閲覧数表示人気記事ランキングが実装できます。

WP-PostViews

1. インストールして有効化する

まずは、プラグインから「WP-PostViews」を検索してインストールして有効化します。

2.各種設定を行う

「設定」>「PostViews」へ進みます。

カウントする閲覧元

どのユーザーをカウントするか選択できます。
会員制サイトでない場合は、ゲストのみを推奨します。

ボットからのビューを除外

ロボットによる自動アクセスを数にカウントするかどうかです。
おすすめは、除外するです。

ビュー数の表示形式

カウントの表示の仕方を変更できます。
たとえばデフォルトでは1,000viewですが、「%VIEW_COUNT_ROUNDED% 」にした場合は1Kviewと表示されます。
アクセスが非常に多くない限りはデフォルトのままをおすすめします。

最も人気の記事テンプレート

ウィジェット機能でサイドバーなどに閲覧順の人気の記事ランキングを表示させることができ、その場合に吐き出すソースを右側の部分で編集できます。
以下は項目の説明です。
シンプルでいい場合はデフォルトのままでいいと思います。

%VIEW_COUNT% 閲覧数を表示
%VIEW_COUNT_ROUNDED% 閲覧数を表示(単位を省略して)
%POST_TITLE% 記事のタイトルを表示
%POST_DATE% 投稿日付を表示
%POST_TIME% 投稿時間を表示
%POST_EXCERPT% 投稿内容を抜粋して表示
%POST_CONTENT% 投稿内容を全て表示
%POST_URL% 記事へのURLを表示
%POST_THUMBNAIL% 記事のアイキャッチ画像を表示
%POST_CATEGORY_ID% 記事の属するカテゴリーIDを表示

表示設定

閲覧数を表示させるユーザーとページを設定できます。
ユーザーには表示したくない場合は登録ユーザーのみにしましょう。
おすすめはデフォルトのままです。

3. 閲覧数を表示する

下記のコードをテンプレートファイルの表示したい場所に記述すると閲覧数が表示されます。

<?php if(function_exists('the_views')) { the_views(); } ?>

ちなみに数のみの表示の場合は下記のコードでも可能です。

<?php echo get_post_meta($post->ID, 'views', true); ?>

表示例

ちなみに、ビューをviewにしたい場合は、各種設定のビューの表示形式で可能です。

4. 人気記事ランキングを表示する

ウィジェットで設置する方法は省略し、テンプレートでループを作成する方法のやり方を解説します。
以下、WP_Queryを使った場合のサブループの記述例です。
ポイントは、「‘meta_key’ => ‘views’」と「‘orderby’ => ‘meta_value_num’」の引数を渡すことです。

<?php
$args = array(
    'post_type' => 'post',
    'meta_key' => 'views',//閲覧数を取得
    'orderby' => 'meta_value_num',//閲覧数でソート
    'order' => 'DESC',
);
$the_query = new WP_Query($args);
if ( $the_query->have_posts() ) :
while ( $the_query->have_posts() ) : $the_query->the_post();
?>
<article>
<h2><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h2>
<p><?php the_post_thumbnail(''); ?></p>
<p><?php echo get_post_meta($post->ID, 'views', true); ?> view</p>
</article>
<?php endwhile; endif; ?>
<?php wp_reset_postdata(); ?>

まとめ

以上が、「WP-PostViews」を使った記事の閲覧数表示や人気記事ランキングが実装方法でした。
閲覧数が表示されることで、アナリティクスを見なくてもページビューが確認できるのも便利です。

この記事へのコメント

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



関連記事

ページの先頭に戻る